トップページへ最新情報会社案内事業紹介品質管理環境方針
丸眞製作所 HOME   >  事業紹介/金属熱処理
事業紹介
金属熱処理

金属熱処理とは、金属を加熱・冷却して用途に適した強さ(強度)、硬さ(硬度)、粘り強さ(靭性)を得る技術であり、我が国では日本刀の製作にみられるように古くからの歴史を持つ技術です。熱処理の対象となる金属としては鉄系金属が一般的ですが、非鉄金属の熱処理も盛んに行われています。
当社では、真空焼入れ、一般焼入れ、浸炭焼入れ等を取り扱っており、自動車部品をはじめ、OA機器部品、金型治工具など、さまざまなニーズにお応えしております。また、全社員一丸となり精密の諏訪で培ったノウハウを活かし、日々チャレンジを続けています。

 
焼鈍 焼入れ・焼き戻し
焼鈍とは完全焼なまし、応力除去焼きなまし、磁気焼鈍など、大型部品から極小精密部品まで行っております。
焼入れは鋼をオーステナイト化する温度まで加熱させ急冷する処理です。
浸炭焼入れ ろう付け
浸炭焼入れとは、鋼の表面に炭素を侵入させて炭素の侵入した部分だけを硬化する熱処理方法です。
ろう付けは溶接に見られるような熱変形、内部歪みは少なく、精度の高い複雑構造物の接合、組立品が得られます。
真空熱処理  
真空熱処理は通常の熱処理では酸化されやすい鋼でも光輝性を得られ、多くの熱処理に採用されています。