トップページへ最新情報会社案内事業紹介品質管理環境方針
丸眞製作所 HOME   >  事業紹介/金属表面処理
事業紹介
金属表面処理
金属表面処理とは、金属素材表面の性質を高めるために行われるものであり、硬さ、潤滑性、耐食性等を向上させるのが主な目的です。当社では、ガス軟窒化、SUS窒化、イオンプレーティング、独自開発のMX処理、MX-IP処理等を用い、金型寿命の向上、各種摺動部品の耐磨耗性向上、装飾部品への着色など、使用目的に応じた柔軟な対応が可能です。
金型部品の寿命を延ばしたい等でお困りのことがありましたら是非一度ご連絡下さい。
 
MX処理 イオンプレーティング処理
MX処理は熱処理における寸法変化を最小限にし、工具鋼の耐久性を高める画期的な表面処理方法です。
イオンプレーティングとは、高真空中でチタンなどを蒸発させ、蒸発流をイオン化させます。
MX-IP処理 ステンレス鋼ガス窒化処理
MX-IP処理はMX処理の技術とIP技術により、連続して同一の処理装置の中で処理が行える表面処理です。
特殊なガス窒化法を用い、ステンレス鋼に安定した窒化処理を可能にしました。
スーパー窒化処理 ガス軟窒化処理
スーパー窒化は、従来と同等の高い表面硬度を維持しつつ高い耐食性を確保しました。
ガス軟窒化法は高い硬度と高い疲労強度を持たせることができる表面処理です。
ガス浸硫窒化処理  
ガス浸硫窒化処理は、窒化層の上に浸硫層を形成させ潤滑性のある浸硫窒化層向上に優れた効果を発揮します。