トップページへ最新情報会社案内事業紹介品質管理環境方針
丸眞製作所 HOME   >  事業紹介/金属表面処理   >  MX処理
事業紹介
MX処理
最近のプレス技術、プラスチック成形技術の進歩は目を見張るものがあります。必然的に金型の寿命及び寸法精度の向上が重要な課題となりました。

当社の開発したMX処理(開発名)は熱処理における寸法変化を最小限にし、しかも工具鋼の耐久性を高める画期的な表面処理方法です。MX処理とは窒素を主成分とする表面処理ですが、塩浴窒化、ガス軟窒化と異なり工具鋼の性質を変えずに表面を硬くし、じん性及び耐磨耗性を向上させる事を目的とした処理です。
特徴
表面硬度が高い。
硬さの割りにねばりがある。
変形は最小限(2〜3ミクロン以下)
特徴
プラスチック成形金型、プレス金型、ダイキャスト金型、ゴム成形金型、鍛造金型、粉末成形金型、絞り金型、切削工具、治工具類
(対応鋼種)
高速度工具鋼、熱間ダイス鋼、冷間ダイス鋼、プラスチック金型用鋼