トップページへ最新情報会社案内事業紹介品質管理環境方針
丸眞製作所 HOME   >  事業紹介/金属表面処理   >  ガス軟窒化
事業紹介
ステンレス鋼のガス窒化処理

軟窒化法はSPCCや純鉄など焼入れでは硬さが出ない鋼の表面に炭素と窒素を同時に侵入させることで、安定した窒化層を形成させ、高い硬度と高い疲労強度を持たせることができる表面処理です。

当社では公害問題を視野に入れ、雰囲気ガスに窒素、アンモニア、炭酸ガスを使用(N2ベース法)して処理を行うガス軟窒化法を採用しております(無公害)。設備は全自動であり、ニーズに合わせてガス冷却・油冷却の使い分けも可能です。量産部品から小ロット・単品部品まで対応でき、安定した品質と高い生産性を持っています。

特徴
耐磨耗性、耐疲労性の機械的強度、向上を図ることができる。
焼入れと比較し、低温処理により、歪、寸法変化が小さい。
耐食性を向上させ、メッキからの切り替えが可能である。
ロット内、ロット間ともに、安定した処理品が得られる。
雰囲気処理の為、作業環境性が良く、無公害である。
塩浴窒化と比較し、仕上がりがきれい。
特徴
耐磨耗性を必要とされる部品(OA機器内部の摺動部)(ヒンジ部品)
(適応鋼種)
非鉄金属以外の全ての鋼種