Metal Heat Treatment金属熱処理

焼鈍(焼なまし)

焼鈍は、加熱・冷却によって金属の軟化、内部応力の除去、金属組織の均質化などを行う技術です。
これらの焼鈍を当社では様々な設備を使って、下記のような目的別の方法で行っており、大型部品から極小精密部品まで対応可能です。
完全焼なまし…鋼を軟化させて機械加工や塑工加工を容易にします
応力除去焼きなまし…鍛造、機械加工、冷間加工、溶接などで生じた内部応力を除去します
磁気焼鈍…最適な磁気特性を得ることができます
※磁気焼鈍後には、自動保磁力計(HCメーター)による保磁力測定をすることもできます。


  • 自動計測保磁力計(HCメーター)
    自動計測保磁力計(HCメーター)

  • 特徴
    無酸化炉、真空炉、連続炉を保有していますので、鋼材、数量、用途にあわせた焼鈍が可能です。
    自動保磁力計(HCメーター)による磁気焼鈍後の保磁力測定にも対応可能です。
  • 用途
    応力除去焼きなまし/完全焼きなまし/焼鉄、真鍮、銅等の焼きなまし/パーロマイ等の磁気焼鈍

© 2018 MARUSHIN SEISAKUSHO Corporation.