Metal Heat Treatment金属熱処理

金属熱処理とは金属を加熱・冷却し、使用目的に応じて強さ、硬さ、粘り強さを最適化する技術です。日本では古来、日本刀の製作などに使われてきました。
熱処理の対象としては鉄系金属が一般的ですが、非鉄金属の熱処理も多数行われています。

当社では、真空焼入れ、一般焼入れ、浸炭焼入れ等を取り扱っており、自動車部品をはじめ、OA機器部品、金型治工具など、多様なニーズに対応しております。
また、全社員一丸となり精密の諏訪で培ったノウハウを活かし、日々チャレンジを続けています。

Metal Surface Treatment金属表面処理

金属表面処理は、硬さ、潤滑性、耐食性など、金属素材表面の性質を向上させるために行います。

当社では、ガス軟窒化、SUS窒化、イオンプレーティング、独自開発のMX処理、MX-IP処理等を用いて、金型寿命の向上、各種摺動部品の耐磨耗性向上、装飾部品への着色など様々な用途・目的に、柔軟に対応できます。
「金型部品の寿命を延ばしたい」などお困りのことがありましたら、ぜひご相談ください。

Machining機械加工

<一貫した工程と総合力>

α(国内外のネットワーク)

当社では、下記のような事例を含めた様々な機械加工を行っております。
高付加価値な小ロット品の加工
サブアッセンブリー
試作品や冶工具などの単品製作
トルクドライバーをはじめとした計測機器等の部品加工~組立て~完成品までの一貫生産
歯切加工、プレス加工等の熱処理~仕上げ

お客様それぞれのニーズにお応えするために、丸眞製作所がプロデュースする社内生産をはじめ、国内・海外ネットワーク※1を活用して安定した機械加工を恒常的に行っております。



トルクドライバーをはじめ、計測機器、溶接機等の各ユニットの部品加工から組立て、完成品までの一貫生産、試作品及び治工具等の単品製作、その他歯切加工、プレス加工等を熱処理から仕上げまで行っております。ニーズにお応えしていくために、社内生産のみならず、国内外のネットワークを通じ、機械加工→熱処理→最終仕上げまで一貫して取扱い、安定した製品の提供を行っております。

Main Facilities主要設備


主要設備一覧

真空熱処理炉 バッチ型 6基・2室型 1基
ガス浸炭・浸炭窒化炉 バッチ型 6基
連続ガス浸炭・浸炭窒化炉 メッシュベルト式 3基
振動式連続ガス焼入炉 振動炉床型 1基
連続無酸化ろう付け炉 メッシュベルト型 2基
スペリア式軟窒化炉 バッチ型(ガス冷 2基・油冷 1基)
ガス浸硫窒化炉 ピット型 1基
スペリア式光輝焼鈍炉 ピット型(水素雰囲気) 1基・ピット型 1基・バッチ型 1基
スペリア式光輝焼戻し炉 ピット型 2基・バッチ型 2基
イオンプレーティング装置 2基
各種焼戻し炉
各種洗浄装置
ショットブラスト機 鉄粉・ガラスビーズ
各種検査設備 各種硬度計・保磁力計・金属顕微鏡・膜厚計 他
NC旋盤 2台
汎用旋盤 2台
NCフライス盤 1台
汎用フライス盤 3台
マシニングセンター 1台

© 2018 MARUSHIN SEISAKUSHO Corporation.