Metal Surface Treatment金属表面処理

イオンプレーティング処理

イオンプレーティングとは、蒸発させた物質を他の物質の表面に薄く付着させるPVD(Physical Vapor Deposition)の一種。
高真空中でチタンなどの金属を蒸発・イオン化させ、プラスの電気を帯びさせます。母材にマイナスの電圧を印加すると、蒸発金属が引き付けられます。高い運動エネルギーを持って蒸発金属が母材へ衝突し、ガスと反応して緻密で高硬度な金色のTiN膜や銀色のTiC膜が形成されます。
このような方法で金型・工具などにコーティングをすることにより、耐摩耗性・耐溶着性・離型性が高まり、生産性の向上や品質保持・向上、コスト低減に大きく貢献します。また、色調をコントロールすることもできるので、各種工業製品のほか時計、食品などの装飾を要するものにも最適な方法です。

当社で扱う膜とその特性

TiN 低温TiN CrN TiC TiCN
カラー ゴールド ゴールド シルバー シルバー ゴールド
硬度Hv 2,000

2,200
1,500

2,200
1,700 2,900 2,600

2,800
膜厚 μm 2~4 1~1.5 2~5 2~3 2~4
酸化温度 ℃ 500 500 700 400 400
処理温度 400~500℃ ~250℃ 300~500℃ 400~500℃ 400~500℃
摩擦関数 0.55 0.55 0.45 0.55 0.55

TiNコーティング

汎用性の高いイオンプレーティング処理

TiNコーティング

  • 用途
    耐摩耗性・耐焼付性・耐食性・離型性・摺動性の向上
    肌荒れ防止
    各種装飾品

低温TiNコーティング

処理温度は250℃以下なので、アルミ材などの融点が低い材料に最適です。
また、従来のTiNコーティングをすると熱処理で得た硬度が低下してしまうような、焼き戻し温度が低い材料にも適しています。

低温TiNコーティング

  • 用途
    ●耐熱性の低い材料・部品向け
    熱処理済みで、焼き戻し温度が低い材料向け
    肌荒れ防止
    低温処理で寸法変化の抑止

TiCNコーティング

過酷な条件下での使用に対応できる硬度・靭性・耐熱性を目指したオリジナルTiCN膜(多層傾斜構造)です。
イオンプレーティングでは、密着不足が問題となることもありますが、多層傾斜構造は、最表層では高硬度を保ちつつ、中間層につなぎ的な役割をさせることによって母材と膜との密着性を高められる手法です。

TiCNコーティング

  • TiCNコーティング多層構造
  • 用途
    耐摩耗性・耐焼付性・耐食性・離型性・摺動性の向上
    硬い皮膜なので、冷間ダイス鋼、ハイス鋼、粉末ハイス鋼、超硬などの硬い母材に最適。特に超硬は高硬度な母材のため、TiCN膜の特性が十分に発揮されます。

TiCコーティング

摩擦が少なく、硬質な炭化チタンのPVD方式による処理。安定した超硬質膜を形成でき、摺動性、耐摩耗性、耐焼付性の向上が図れます。

TiC処理

  • TiC処理構造
  • 用途
    摺動性が必要な部品
    アルミ等の加工時に油や汚れが付着し、腐食するのを防ぐ
    SUS、調質材等の硬い母材

© 2018 MARUSHIN SEISAKUSHO Corporation.