Metal Surface Treatment金属表面処理

ガス浸硫窒化処理

窒化層の上に浸硫層を形成させる処理。潤滑性のある浸硫窒化層の形成により、耐摩耗性、耐焼付性、耐かじり性、耐疲労性、耐食性などが向上します。

  • 表面組織写真(SCM415)
    表面組織写真(SCM415)

適用材質と表面硬さ(参考)

材質 表面硬さ
MHV100gr
(白層部)
HRC(換算) HS(換算)
炭素鋼
S45C
600~800 55~64 74~88
合金鋼
SCM415
700~900 60~67 81~95
ステンレス鋼
SUS034
SUS420J2

800~1300
800~1300




金型鋼
SKD61,11
800~1400
  • 特徴
    耐焼付性、耐かじり性
    浸硫層が固体潤滑剤のような働きをするので、過酷な使用条件で効力を発揮。無潤滑、高負荷など使用条件が過酷なほど効果をあらわします。
    耐摩耗性の向上
    下地の硬い窒化層が、耐摩耗性を向上させます。特に、塩浴窒化では形成が難しい、ポーラス(多孔質)ではない窒化層は、初期磨耗対策として効果的です。
    ギヤ鳴りの低減
    軟らかい浸硫層が摩擦抵抗を低下させ、ギヤ鳴りを低減します。
    変形・変寸の低減
    加熱や窒化によるひずみを低減することができます。
  • 用途
    シム、スラストワッシャー、エンジンのタイミングギヤ、ベーン、ボールペンのボール、エンジンバルブ、SUS製シャフト、熱間鍛造型、アルミダイキャスト型、等

© 2018 MARUSHIN SEISAKUSHO Corporation.