Metal Surface Treatment金属表面処理

MX処理

最近のプレス技術、プラスチック成形技術のめざましい進歩により、金型の寿命及び寸法精度の向上が課題となっており、その解決方法へのニーズも高まっています。

当社の開発したMX処理は、熱処理における寸法変化を最小限にしつつ、工具鋼の耐久性を高められる画期的な表面処理方法です。
窒素を主成分とする表面処理で、表面を化合させる塩浴窒化、ガス軟窒化と異なり、工具鋼の性質を変えずに表面を硬くします。粘り強さおよび耐摩耗性を向上させることができます。

  • MX処理

従来品とMX処理品の比較(当社比)

従来品とMX処理品の比較(当社比)
  • 特徴
    表面の硬度を高くできます。
    硬さの割に粘り強さを保持できます。
    寸法変化が最小限に抑えられます(2~3ミクロン以下)
  • 用途
    プラスチック成形金型、プレス金型、ダイキャスト金型、ゴム成形金型、鍛造金型、粉末成形金型、絞り金型、切削工具、治工具類
  • 適応鋼種
    高速度工具鋼、熱間ダイス鋼、冷間ダイス鋼、プラスチック金型用鋼

© 2018 MARUSHIN SEISAKUSHO Corporation.