Metal Surface Treatment金属表面処理

M-NCプロセス

「M-NCプロセス」とは、ガス軟窒化処理する際に、「窒化ポテンシャル制御」を行うもので、窒化ポテンシャルを高精度に制御することにより化合物層の形成、およびその組成を用途に応じてコントロールする新たなガス軟窒化プロセスです。このプロセスにより、従来のガス軟窒化処理に比べ、機能特性に優れた化合物層の形成制御が可能となり、ポーラス層厚の抑制と機能特性(疲労強度、耐摩耗性)の改善に有効です。(当社試験結果より)

制御システム図 分析結果
  • 特徴
    焼入れと比べて低温処理なので、ゆがみや寸法変化が小さい。
    耐食性を向上させ、メッキからの切り替えにも活用可能。
    ロット内でも、ロット間でも、ともに安定した処理品をご提供できます。
    雰囲気処理で行うため、環境に優しく公害を防止できます。
    塩浴窒化と比べて、複雑な形状にも対応でき仕上りがきれいです。
  • 用途
    耐摩耗性を必要とされる部品(OA機器内部の摺動部、ヒンジ部品など)
  • 適応鋼種
    非鉄金属をのぞく、すべての鋼種

© 2018 MARUSHIN SEISAKUSHO Corporation.