Metal Heat Treatment金属熱処理

浸炭焼入れ処理

浸炭焼入れとは、炭素を浸透させた鋼の表面を焼入れし、表面を硬化する熱処理方法です。
鋼を焼入れしたときの硬さは炭素の含有量に左右されるので、炭素含有量の低い鋼は浸炭焼入れを行うことで、硬さが増します。
また、表面層だけを硬くすることによって、耐磨耗性、耐久性を高めるとともに内部は柔軟性を保つことができるので、自動車部品をはじめ様々な機械部品に応用されています。

当社には全自動浸炭炉、連続ガス浸炭炉の設備があり、薄物・小物・大物・単品・量産まで安定した高い生産能力を有しています。


SCM415における浸炭焼入れ硬推移(当社実施例)

SCM415における浸炭焼入れ硬推移(当社実施例)グラフ
  • 特徴
    各設備の特徴をいかし、薄物、小物の非常に浅い浸炭にも対応することができます。
    鋼種によって、浸炭窒化処理も行っております。
  • 用途
    自動車等の重要保安部品
    耐磨耗性が必要なOA部品
    様々な使用用途に適応化が可能

© 2018 MARUSHIN SEISAKUSHO Corporation.