Metal Heat Treatment金属熱処理

焼入れ・焼戻し処理

焼入れは、鋼を硬く、強くするために、オーステナイト化する温度まで加熱したあと急冷却などを行う処理です。
焼入れでは、硬度が高くなる一方、もろく、割れやすくなるので、硬度の調整と粘り強さの付加のため必ず焼戻しを行います。焼戻しとは、焼入れの際の温度より低い温度で再加熱し、一定時間保持したあと徐々に冷却する処理です。

また、焼戻しによって内部応力の緩和や金属組織の安定化なども得られ、用途に適った状態の鋼に調整するために焼戻しを行うこともあります。

当社では、バッチ型および連続型の焼入炉と各種焼戻し炉の設備を揃えており、様々なご要望にお応えすることができます。


  • 特徴
    多様な設備使用による、安定処理が可能です。
    小物専用炉使用により、製品の紛失が発生しません。
    精密集積地帯の諏訪地域で培われた技術とノウハウで、様々なニーズにお応えします。
  • 用途
    大型部品(金型等)
    超小物部品(超微細加工品等)


  • サフェード炉による精密小物部品の焼入れ品
    サフェード炉による
    精密小物部品の焼入れ品

© 2018 MARUSHIN SEISAKUSHO Corporation.